「ペイント」のイラスト制作過程&真夏のデザフェス告知!

2019年6月19日 at 11:07 PM

春のデザフェスで新作として出した「ペイント」のイラスト。
自分の備忘録も兼ねて制作過程をざっくり書いてみます。

1.スケッチブックにラフを描く

過去に描いたイラストを見比べて、まずは好評だったイラストの条件を考えてみました。
・各キャラの顔が大きくわかること
・カラフルにすること
・勢いのある感じにする
これが揃っているとなんだか良いイラストになりそうです。

そして今回は条件に沿うテーマを【ストリート】と決めてラフを描きました。
かなりざっくり。スイの頭の上にスニーカーが乗っかっていて泣いてます。かわいそう。

2.PCにラフを取り込んで、下書き

PCにラフを取り込んで、下書きをします。ラフではモカの顔がてとらの耳と被ったりしていたのでキャラクターの位置の調整もします。今回は勢いの良い感じにしたかったので、重要なパーツ(顔やロゴ)はA4(枠線内)に収まるようにしつつ、外にはみ出るように描きました。スイが可哀想だったので全然違うポーズになってたりします。

3.線画

下書きが大体できたのでペン入れをしました。缶の中身やロゴは後ほどillustratorで描く予定なので、ここでは空けています。
てとらの持っている筆のインクは分かりにくいので別レイヤーに線画の色を変えて描いています。

4.下塗り・影付け

ざっくり色を乗せました。カラフルにしたいので彩度高めの色をとりあえずおいています。コナモカが抜群にチカチカしますね!!対しててとらが地味めであんまり目に入ってきません。
左上のロゴはとりあえず仮置きし、左下は寂しかったのでさぼってんを追加しました。

5.色の調整・細部の描画・テクスチャの追加

色を調整していきます。コナの髪色やてとらのずきんなど大分色を変えました。これで最初にてとらに目がいってくれそうです。
髪のハイライトを入れたり、全体にテクスチャを薄く加えて情報量を増やしました。
ロゴや缶のラベルをillustratorで別に作り、はめ込みます。

6.細部を修正して完成!

さっきので完成〜!と思って告知とかに使っていたんですけど、よくよく見ていたらスイやしぃるがスニーカーを履いていないのに違和感を感じてきました。(ラフの段階では殆どのキャラが履いてない設定だったため、あんまり気にしてなかった…)なので、スイとしぃるにスニーカーを履かせたり、ぎゅうぎゅう押し合ってる感が欲しくてコナの手を描き加えたりしました。
これでようやく完成です!!

過程を連続で見るとこんな感じ!

GIFアニメなので所々画像が荒れてますが…(笑)
こんな感じで制作していきました!
最後の最後、さらにコナの口位置とか修正してますね…完成!と思ってもずっと見ていると気になる箇所がいろいろ出てくるものです…(苦笑)

しぃるアイコン2 話は変わって真夏のデザフェス告知!

さて、話は変わりまして、夏のデザフェス(8/3)に出展が決まりました!

今回Tetra Styleは青海会場、3日(土)のみの出展ブースNo.はB-254です!
青海会場はりんかい線東京テレポート駅に直結です。

お間違いのないよう、よろしくお願い致します!

デザフェスVol.40出店レポート

2014年11月12日 at 4:38 PM

11月8~9日は東京ビッグサイトで行われたアジア最大級の手作りイベント、デザインフェスタVol.40にTetra Styleが初参戦!

ギリギリまで準備にバタバタしたり、当日は緊張したりで大変でしたが、無事に終了することができました。

足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

しぃる 当日のブースの様子♪

デザフェス看板

てとらたちがビートルに乗った大きな看板が目印!

 

デザフェススマホ

カラフルなiPhone5/5sケースを沢山並べていたので、それにひかれて来てくださるお客様が多数♪

前回赤レンガ倉庫で出店した際、Androidの方が多かったので通販できるようにしていたのだけど…

デザフェスではなんとiPhone4Sの人が多かった!!!ががーん…。なかなかニーズを読みきれませんね…。

 

デザフェスマグ

定番のマグカップはやはりてとらが一番人気☆

 

デザフェスポスカ

デザフェスポスカセット

おまけシールが一枚ついてくるポストカードセットは1日目から飛ぶように売れました。

絵柄はクリスマスやドライブなど、新作も用意してました!

 

デザフェススケジュール帳

デザフェスファブリックボード

数量限定で持っていったスケジュール帳も有り難いことに完売!

ファブリックボードはその印刷の綺麗さに皆さん驚いてました。やったー!

(brotherさんのガーメントプリンタの威力!!)

 

モカ_plusAndroidのひとには楽しい仕掛けを用意してました☆

おサイフケータイでタッチするとTetra Styleのコンテンツが見れるポップを作りました。

ラミネート加工した小さなポップの裏に一枚ずつNFCタグを貼付。
TシャツのポップはTシャツ印刷動画に、本のポップからはブログのマンガカテゴリにリンク、などなど…Androidでタッチするだけでそのコンテンツが見れるという仕掛けです。

QRコードよりも手軽に見栄え良くWEBに誘導することができました。
ただし、おサイフケータイのモードをOFFにしている方も多かった点が残念。

 

cona当日はTwitterで実況中継

ブースの様子や、完売情報などはTetra StyleのTwitterアカウントにて実況中継していました。

次回のイベントでも情報をリアルタイムで流していきますので、こちらも要チェック!

@TetraStyle_infoをフォロミー!!

 

スイアイコン 次回の出店は横浜赤レンガ倉庫!

12月5~7日は赤レンガ倉庫にまたTetra Styleがお邪魔します。

こちらもぜひ遊びに来てくださいね♪

【関連記事】

【レーザーカッター】スイの革しおり制作動画

2014年8月6日 at 2:59 PM

レーザーカッターでスイの革しおり(Tetra Style)

スイの革しおり

 

赤レンガ倉庫のイベントにて好評だったので、Youtubeに「スイの革しおり」制作動画をアップしました。

レーザーカッターは、木材、アクリルなど様々なものが短時間で切ることができる機械です。
レーザーの光で切っていく様子がかっこいい!

20秒程度の動画です。

 

 

モカ_plus これもレーザーカッターで作りました

− モカの革鏡 ー

レーザーカッターで制作したモカの革鏡(Tetra Style)

革だけではなく、鏡もレーザーカッターで切断しました!
糸通し用の穴も開けておけば、とっても綺麗に縫い合わせることができます。

 

Tetra Styleはデジタル技術とキャラクタービジネスの融合を目指し、レーザーカッターなどのパーソナル・ファブリケーションと呼ばれるものづくりの手法も積極的に取り入れています♪

 

Special Thanks
FabCafe Tokyo

立体が描ける「3Doodler」を試してみたら難しかった。

2014年7月19日 at 2:45 PM

紙粘土に引き続き、立体物に興味津々のTetra Styleです。

みなさん、空間に立体が描ける3Dペン

cona  3Doodler  モカ_plus

をご存知ですか?

空中にくるくるとインクを出して立体を「描画」してしまうという魔本のようなペン。数年前にKickstarterでとても話題になったこのペンが、いつの間にか製品化されていました。

こんなのとか

ss-3doodler-07-630x472

エッフェル塔までお絵かきできちゃう!すごいです。

ss-3doodler-03

(写真引用元:Drop that Glue Gun. 3Doodler is the World’s First 3D Printing Pen.(Solid Smart)

 

お値段は税抜き¥16,000と手の届く範囲ですが、渋谷のFabCafeに行けば30分¥800で使えるらしい!ということで、予約をして早速遊んできました。

これが3Doodler。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

電源をつないだら、後ろに好きな色の樹脂スティックを挿すだけで準備OK。

指先のボタンを押すと、ヴーという音と共に先のほうが温かくなってきます。そのまましばらく押していると…

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

にゅっと出てきました!

しばらく紙に押し付けてから上に引き上げると…

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

 

にょいーんと出たインクがすぐに固まって…

まっすぐな棒ができました。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

 

もう一本。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

 

グルーガンみたいな感じですね。

インクが目の前の何もない空間に固まっていくのがとても楽しいです!

しかし、難しい…これはとても難しいです。

まっすぐ線をひくのはできても、ぐるぐる巻いたり、空中で線と線を結んだりするのはなかなかうまくできません。ボタンを押し続けていても樹脂が出てこないときもあるので、途切れたりもしてしまいます。

あと、最初にしっかりと紙に押さえつけないと、途中で剥がれてしまいます。以下の動画で確認できます。

 

柱を組み合わせて三角錐を作ろうとしてみたものの…

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

頂点がうまくつながりません。むうう。

 

ということで、3Doodlerのもうひとつの楽しみ方、紙に描く方法でやってみます。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

あらかじめ用意した、Tetra Styleのロゴをなぞっていきます。

できるだけ何度も重ねて、厚みを作っていきます。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

できた!

途中で緑がきれたので、黄色いスティックを後ろから挿して追加しました。
終わったら、紙からペリペリと剥がします。

3Doodlerを試してみた(Tetra Style)

 

ぷくぷくした立体文字の完成〜。

ちなみに、Tetra StyleのFacebookが100いいね!を達成したので、100という数字も作ってみました(笑)

そんなこんなであっという間に30分が終了!

ネットで見るような大作を作るには、かなりの練習とスティックの数が必要そうです。

でも、自分の指先から立体ができていく感覚はとっても楽しいですよ!沢山練習して大作に挑戦したい方は、購入する価値あり♪


 

Special Thanks

FabCafe Tokyo

てとらはどうやって描かれている?イラスト制作動画

2014年7月16日 at 7:51 PM

Tetra  Styleのイラスト制作動画がyoutubeにUPされています♪

Movie : Tetra Style イラスト制作動画(試作版)

 

ペンで線をとった後、少しずつ塗られていくてとらとしぃる。

一色ずつ水彩色鉛筆で塗っては溶かしを繰り返していきます。

制作動画

 

ちなみに動画はてとらとしぃるを塗ったところで終わっていますが、最終的に完成したイラストはこちら☆

さくらんぼ